民宿むろう便り

GW明けから、うちの宿は、しばらく1組限定での営業をさせて頂いてます。

先日は、1人のお客様が【勤行プラン】で宿泊していただけました。

薄暗〜い、朝5時前。
勤行が行われる護摩堂には珍しい黄色の石楠花が咲いていました。

勤行体験後には、龍穴神社⛩などなどの名所へ。

その1つ。
【仙人の岩屋】

僕が、ちっちゃい時は秘密基地やったこの場所は(笑)
時々ですけど何か周りとは違う場所。
とか、それぞれ言い方は違うんですが、僕には感じれないパワーを感じとる方が多いんです。

足場が悪いので行かれる方は気をつけてくださいよ。

【龍鎮の滝】【龍鎮神社】も行ってきました。

雨が最近少ない影響もあって龍鎮の滝の水量は少なかったですが、それがまた流れる水がまるで龍が昇ってるよーな。
ほんっと〜に美しい♪♪

水量が多い時は渡れない場所へも。

参拝できました。

その後、何気に小ちゃな滝壺の所で‥‥
チョット、苦手な方もおられるかもしれませんが‥
ミミズです。

僕たちの地域では雷ミミズなんて言い方をしてますが、

調べると、シーボルトミミズと言うらしいです。
江戸時代に来日したシーボルトさんが資料を持ち帰った事から、そんな名前がついたとか。

苦手な方はゴメンなさい。

だけど、こういった場所で見る生き物って、とっても有難いっていうのがあって。。
この日、一緒に同行した女性の方も興味深々でした。

見れば見るほど綺麗な虹色で。

色々と調べると、この日本最大のミミズ。
卵の状態で1年目の冬を越え、翌年初夏に新しい個体が出現し、成長して2年目の冬を超え、そして3年目に成熟個体が産卵すると、そのまま死亡するらしいです。

ビックリするのは、同じ地域では全て同じ周期なので、毎年出てこない!らしいのです。
見れる年と、見れない年がある。

そう思うと、今年はたまたま見れる年で凄くレアな。

意識の中で【龍の使い】みたいな感情で手を合わせていました。
それは、同行の女性の方も同じやったようです。

なんか、この日はとっても気持ちよく過ごせたのでした〜♪

コメントは利用できません。